経営者でも住宅ローン審査に通る?デメリットはある?

自分の家を購入する時、現金でぽんと払えるこの様なパターンは、あまり多くありません。

たいていの方は、審査通りやすい銀行や条件の良い信用金庫などから借金として住宅ローンを申し込むのが普通です。

周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くとやはり、毎月のローン返済の事を言う方が多いです。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

金利の上昇等も気になるところですし人生は突然アクシデントが起こるものです。

急に病気や事故にあう事だってあり得ます。

そのため、慎重に考えてから住宅ローンの申し込みをしてください。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どの銀行が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、低金利とか審査通りやすいとか特徴も色々で選べずにいるという方がとても多いのです。

そんな時に専門の銀行の担当者に相談して、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないみたいで...。

殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いため専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

住宅ローンの中には、審査通りやすいものも多いです。

中にはフラット35というちょっと特殊なローンもあります。

フラット35のように最初から最後まで金利が変わらない住宅ローンは安心ですよね。

フラット35の最大のメリットは、35年間金利が変わらないという事。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査基準は一般の住宅ローンと基準が異なります。

変わっているとはいえ、審査通りやすいかどうかはやはり年収を含めた支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

住宅の価値よりも収入を重視して審査を行います。

一般的な住宅ローンとなんら変わりありません。

違う点は、『貸付をする住宅に価値があるかどうか?』という所を重点的に見られるという点です。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

この先、しばらく付き合っていく住宅ローン審査通りやすい銀行でローンを申し込みたい方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

けれども、「ボーナスでない!」という会社も近年多くなり景気によって金額が変わることも有り得ます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に借入れを申し込もうと(できれば審査通りやすいといいのですが・・・)決めないといけません。

ネットバンク・労金・地元の信用金庫など多くの金融機関で住宅ローンを借りられます。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、申し込みから審査通った後借入れまでの流れはネットを通して行います。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは返済額を少なくしたい方や時間を無駄にしたくない方に人気の住宅ローンです。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

「通った」「落ちた」など、結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査通りやすいという口コミもある銀行でも審査結果によっては、ローンを組む事は出来ません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

さあその諸費用はいくらか気になりますよね?実は諸費用というのは借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、気r煮が少しでもやすい銀行で申請したいと思うでしょう。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい住宅ローン審査通りやすい銀行を紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、更に、イオンにてショッピングしたときの得な特典として5%割引になるような特典があります。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

大抵の場合、ある一定期間で住宅ローン審査通りやすい銀行金融機関などに申込みをするのが普通ですが実際にこの期間までかかる方は少ないってご存知ですか?たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、金利を比較したり受託ローン審査通りやすい銀行などで、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫もしくは審査通りやすいのであればネットバンクでも良いです。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大事な点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

どんな会社に勤めているのか、社員なのか役員なのか経営者なのか、年収はどれくらいなのか、住宅ローンでは実に様々な点を審査されます。

参考:経営者の住宅ローン審査は有利?メリットとデメリット!【審査基準は?】

さらに、まさか関係ないでしょ?っていうような過去のお金に関するトラブルなども基準の中に含まれているので「私ダメかもしれない...」ともし心当たりがある場合は最初にそちらをちゃんとしてから申請するほうが絶対良いですよ。

家を購入しようとしたときの最初の難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

普通は、住宅ローンを審査通りやすい銀行や給与振込み口座となっている信金などから借り入れする人がほとんどでしょう。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険にも加入するように言われます。

談背印生命保険とは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残った借金が0円になる。

という内容になります。

たとえ住宅ローン審査通りやすい銀行でやっとの思いで審査に通って新居で生活していても、アクシデントがあることも。

例えば半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。

大きな金額を扱う商品なだけに慎重に取り決めをすべきですからね。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。

ですが、必ず確認しておきたいポイントがありますのでこれからお話しますね。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと予想外に負担大!!となってしまう可能性も十分に考えられます。

住宅ローン審査通りやすい金融機関で契約できたとしても更に改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせていくらになるのかを事前に確認しておきましょう。

万が一、住宅ローン審査通りやすい銀行で借入できても返済している時に失業した場合残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

このような場合に備えて、考えておくと安心です。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、その期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もどんな方も住宅ローン審査通りやすい銀行や低金利情報を知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、申し込まないと損する住宅ローン減税の方法をお教えしたいと思います。

審査に通れば年間で減税による30万円ほどの控除も可能になるので、まだ住宅ローン減税の申込み前の方は特に事前に確認しておきましょう。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が該当します。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件!他にも細かい住宅ローン控除の条件があるので、確認しながら住宅ローン控除で税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

これから住宅ローンを借りたいという方は、借りるために必要な諸経費とその他にも何が必要か調べましょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

口コミなどで評判の金利が安い銀行とか、住宅ローン審査通りやすいとかで選んでみたけれど、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、逆に高くなってしまったということも。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合計でシミュレーションすることで、全体像が見えてきます。

そうですね例えば、金利が安くても保証料が高かったりそれ以外の費用が思ったより高くなってしまったという事もあるのでしっかり確認しましょう。